<   2010年 07月 ( 44 )   > この月の画像一覧

またまた・・・

朝から雨降りで、遊びに行けない椰子を気遣って、マミー(ママンボワーズの母)がイオンへ連れて行ってくれました。
d0163082_22162949.jpg


浦和にも1歳児が遊べる児童館的なものが駅前に1つだけ(!)あるのですが
今日は7月生まれの子たちのお誕生日会ということで、それ以外の子は入園できませんでした。

港区の遊び場があまりにも充実しているので
雨でも晴れでも子供を遊ばせることに全く問題なく暮らしていますが
浦和に住んでいるママたちは毎日どこへ行ってるんだろう???

イオンに着いて 「あ、もしかしてイオンで遊んでいるのかも?!」 と思うほど車が止まっていました~


ちょうどお昼だったので・・・
今日もお子様ランチを・・・食べちゃいましたー♪
d0163082_21523145.jpg

典型的なお子様ランチでしょ?!

イオンには数多くのレストランが入っていますが
気がつけば・・・ママンボワーズもマミーもウィンドーの<お子様ランチ>をまずチェックして
どこにするかを決めていました。

今日はふんわり卵が美味しそうなオムライス専門店(名前は忘れた)で食べました。

d0163082_22323323.jpgd0163082_22324599.jpg











マミーはやーちゃんに食べさせたくて仕方ないといった感じ(笑)
私が椰子の隣に座ったのに、やーちゃんの顔がよく見えるといって向かいに座った彼女が
結局ほとんど食べさせてあげていました。

今日も完食!

お子様ランチ美味しかったけど、大人のオムライスは美味しくなかった・・・ 残念です。



d0163082_22392975.jpg
d0163082_2242441.jpg











その後はキッズ共和国で遊びました。

アスレチックの配置が以前と変わっていて、ちょっと難しくなっていたけど
すぐに慣れたようで終始ご機嫌のやーちゃん

d0163082_22491890.jpg
d0163082_22494855.jpg





















そうそう、1980円(定価は3980だったのですが、限定20台で・・・)の
超携帯用バギー(軽い&小さい)を購入しました!

麻布に住んでいると 「バスや電車を乗り継ぐよりママチャリの方が移動が断然便利!」
と先輩ママからアドバイスを受けていて、そろそろ<ママチャリデビュー>を考えていたママンボワーズ。

しかし、秋にはパリに引っ越すかもしれないこと考えると、パリの先輩ママン達からは
「自転車は危ないし、すぐに盗難に合うから、移動は絶対にメトロかバス!」とのお達しが・・・。

確かにフランスの自転車事情は車並み。
車道を走らなければならないチャリ隊は、私一人の命ならいざ知らず娘のことを考えると
もう少し街に慣れてから・・・まず一人チャリに慣れてから・・・それからでも遅くない。

それだったら日本でアノ、激安軽量バギーをセカンドバギーとして持ってきて
メトロの階段でもスムーズに持ち運べる方をまず考えては?というアドバイスを受け
まんまとすぐその気になってしまったのです。

アドバイスくれたChienneさん、ありがとう☆
ホント、仰る通りですね~


超軽バギー、軽すぎて運転中浮きぎみですが(今使ってるのが重すぎってのもあるかも)
この安さですでに元取った気分です。


大型ショッピングモールの良さを、そろそろ認めてあげないと・・・




さ、行こうか
by mamanboise | 2010-07-30 23:14 | 散歩

お子様ランチ

初めてのお子様ランチ~
d0163082_0282723.jpg

低アレルゲンセット(全然アレルギーじゃないけど)

バーバラの病院帰り、ファミレスのとんでんへ寄りました。
ちょうど今日で1歳3ヶ月だし、もしかして<お子様ランチ>食べれるんじゃな~い?!
ということで挑戦。

d0163082_0335232.jpg


トレーがテーブルに置かれた瞬間に、から揚げを掴んでいました(笑)

ベルトなしの椅子で、絶対に大人しく座っているはずがナイ!と思っていたのですが
料理はすぐに運ばれてきて(チーン!だもんね・・・)、すぐに食事が始まったので
騒ぐヒマなしといったところ。

味見してみると、結構美味しい!!

家では既製品の離乳食はほとんど受け付けず、ず~~~っと3食作り続けてきました。
だからファミレスのお子様ランチも食べないかと思いきや・・・

d0163082_0342786.jpg


全然!!
食べまくりです(笑)

やーちゃんがイタズラ好きになり、大人しくできない月齢になったので
外食はベビーカーで寝てくれた時やよっぽどじゃなきゃ考えられない状態でしたが
こんなに食べてくれるなら・・・お子様ランチツアーがしたいくらい!!


ちなみにフランスにはお子様ランチあるのだろうか・・・???



お腹がいっぱいで、ぐっすりお昼寝 Zzzz・・・
起きたらもう<いないいないばぁ>の時間でした☆

d0163082_0493281.jpg


実家でしか見れないテレビですからねー
かぶりつきでーす。


とりあえず~ お子様ランチ、家でも作ってみよ~♪




さ、行こうか
by mamanboise | 2010-07-30 00:57 | お気に入り

ぴーちゃん

実家の猫 <ピーター> 通称 ぴーちゃんの後を追い掛け回すやーちゃん
d0163082_085052.jpg

ちなみに「ぴーちゃん」「ピーター」「ぴーたん」などの言葉を発しながら・・・離れません!

バーバラの部屋のドアを開けると、「ピーター!!!」と叫びながら走って行きます。

パパ、ママでさえ不特定の物を指して言っているのに・・・
「ぴーちゃん」は完璧にマスターしました!



それに加えて、家に飾ってあるバーバラ作の猫の絵を見て

d0163082_2331110.jpg
ピーター♪
d0163082_234164.jpg








ぴーちゃん♪




ピータ♪
d0163082_234349.jpg


ピーちゃん♪
d0163082_2332536.jpg







ピーター♪









指を指しては「ピーター」「ピータン」「ピーちゃん」と叫んでいるので
どうやら彼女の中で「猫=ピーター」という回路が出来上がったようです。


d0163082_0102180.jpg


最近の彼女の学習能力には驚かされます。
子供の成長って、本当に早いですね!




うちにはもう一匹、ミミというスコティッシュがいるのですが
全く見向きもしません。

ミミちゃん、一人でポツンとかわいそうです・・・。
(いや、チビに触られたくないだけかも?!)

今回の滞在中に一度位絡む姿を見たいものです。




さ、行こうか
by mamanboise | 2010-07-30 00:21 | お気に入り

スリッパ



スリッパが脱いであると、すぐに自分の足を入れてしまうやーちゃん
d0163082_0242520.jpg


でも大人のスリッパを履いて歩くほど力がない彼女は
でも歩きたいから
でも歩けないから
結局そこで突っ立っているように見える


本当は1mm位ずつ動いているかもしれないよ
by mamanboise | 2010-07-29 00:34 | お気に入り

文化人類育児から論


暑いですねー
d0163082_22382855.jpg

実家の近くにある浦和区役所前の噴水は、夏になると子供が遊べるように整備されます。
すごーく有難いです☆
毎日朝ごはんを食べたら直行しまーす!
海のある田舎へ行った時のような感じで・・・(笑)

育児って、午前中が勝負!ですよね??
卒乳して、お昼寝が一回になった頃からは、午前中に沢山遊ばせるように心がけています。
そうするとイイお昼寝が出来て、午後の機嫌も良く・・・お互いに気分の良い一日が送れるのであります。

d0163082_22573121.jpg


ところで、公園遊びをしている頃から思っていたのですが
皆さん、お砂場道具(今日は水遊び道具に変身している)に名前を書いていますよね。
空のペットボトルやそのフタ、食べ終わったプリンの容器のおもちゃにまで名前が書かれています。
これにはビックリ。

以前も記事にしたと思うのですが・・・

フランスで育児をしている友人が子供が保育園に通うにあたり「色鉛筆」を用意するように指示され
その色鉛筆を持参する前の晩は頑張って一本一本に名前を書いたんだそうです。
そして翌日、先生から言われたことは
「これはみんなで使うものです。名前なんか書かないで欲しい。」ということ。

ま、名前が書いてあってもみんなで使えば、それでいいと思うのですが
フランスの先生が言わんとしていることはすごく良く分かるし
ママンボワーズもどちらかというと、フランス側の考え方に賛成です。

事実日本の公園でも「名前が書いてあるから貸さない。」なんてことはなく
みんなおもちゃを貸し合って(奪い合って?!笑)遊んでいます。

じゃぁ どうして日本人は名前を書きたがるんだろう・・・?ってふと思って、その辺のママに聞いてみると
これは子供同士が「これは私の、いや、私の~!!!」のケンカになった時に
「ほら、ここに名前が書いてあるでしょう。」ということで所有者を証明し
いち早く争いごとに決着をつけることができるからだそうです。
印籠ですね。

ふ~む・・・
ってことは、子供たちに 「論より証拠」 を教えているわけですよね。

争う間に繰り広げられる話し合い(もしかしたら事実に反するかもしれないけど)の
物事の経過より、結果が重要だと・・・つまり 「終わりよければ全て良し」 的なことも含めて教育しているんですよね。

ママンボワーズ、この教育法を否定する気はありません。

ただ、私としては 「結果より過程の重要さ」 を教えてあげたいし
「事実がいつも正義ではない」 ということも教えてあげたいので
おもちゃには名前を書くのはやめよう! と思う今日この頃です。

そしてオモチャ戦争勃発の際は、娘がどんな戦い方をするのかを
長~い目で見届けてやろうと思います。

d0163082_2355392.jpgd0163082_23551952.jpg























ってか、子育てメチャメチャ面白いけど、メチャメチャ難しい・・・
本当にアタシにできるんだろうか・・・
エラそうなこと言ってるけど、結局見守ることしか出来なさそうな気もするのだ。




さ、行こうか
by mamanboise | 2010-07-28 23:56 | 育児(一歳児)

さるかに


まさかこの絵本がそーーーーーーーんなにやーちゃんのお気に入りになるなんて・・・
思ってもみなかった!


その絵本とは「さるかに」


おにぎりを持っていたカニさんに柿の種を持っていたサルさんが物々交換を申し出て
サルさんはすぐにおにぎりを食べてしまい
カニさんはせっせと柿の種に水をあげて・・・

と、内容は皆さんご存知かと思いますが
コレ、すごく残酷なお話ですよね(昔の話ってこんな感じなのかな?)
一日に何度も何度も読んでくれといって本を持ってくるのですが
あまりいい気分がしません・・・。


「はらぺこあおむし」とか「ノンタン」とか、その他にも色々読んであげています。
でもやっぱり「さるかに」なんです。

何がそんなに気に入ったのか分かりませんが
(いや、今思えば、一番最初に読んだ物語らしい物語だったのかも。
その前は、いないいないばぁ的な本ばかりだったので)

例えば、バギーの上とかお風呂場とかでギャーギャー言い出した時でも
「さるかに」を空で語り始めると・・・ピタッと泣き止みます。
で、聞き入ってくれます。
でも終わるとまた泣き出すので、お風呂から出るまで延々と「さるかに」を暗唱している時もあります。
これが別のお話だとダメなんです。


どの子供にも「お気に入りの絵本」というものが存在すると思うのですが
「さるかに」には要注意です。


子供に読み聞かせるファースト・ブックの選択・・・かなり重要ですね。
今更思い知らされています。



さ、行こうか
by mamanboise | 2010-07-28 00:43 | お気に入り

洗濯機譲って下さい

突然ですが、どなたか洗濯機を譲って下さいませんか?
設置場所は麻布の我が家です。

もしかしたらパリへ戻ることになるかもしれないのに
新しいものを購入する気力がありません。

宜しくお願い致します。
by mamanboise | 2010-07-28 00:14 | Tsubuyaki

実家で


一周忌に来たママンの家族と共に私と娘は実家に遊びに来ました。


実家ではもちろんアイドル、スーパーヒーローのやーちゃんまん!
彼女自身それを理解しているのか、笑顔満点、もうかわいいかわいいされて大喜びです♪

家にいるとご飯を自分で食べたい!と主張するくせに
ここではみんなに食べさせてもらってニコニコ・・・しかもすごい量を・・・
明日はバーバラ(椰子のひいおばあちゃん)がグラタンをホワイトソースも全て手作りで用意してくれるそうです☆
大人にはパエリアを作ってくれるとか?!
ただし、ここ半年足の具合が大分悪く、体調次第みたい。

ママンボワーズにとっては祖母(といっても超若々しく元気いっぱい!だった彼女)にあたるバーバラは本当に料理が上手で、いつか嫁入り道具として彼女に料理・裁縫・茶道・華道・書道・着付け全て教えてもらうんだー(まさにスーパーウーマン!!)と思っていたのに
やっと日本へ長く滞在するチャンスに恵まれ、こうして時間もあるというのに
今度は彼女の体調が思わしくなくなってしまった・・・

今までの長い海外暮らしを後悔するとしたら、このことにつきます。


そしてこれからの海外暮らし・・・またパリに拠点を戻すとなると
娘の私に何ができるんだろう?と

今まで元気過ぎるくらいだった人が病気でふさぎこみがちになり
マミー(私の母:おばあちゃんと呼ばれることが嫌で<マミー>になった 本人の希望)が
バーバラ(ひいおばあちゃんとか、バァバとか、そーゆー呼び名を嫌がり<バーバラ>に こちらも本人希望)を介護することが増えてきて、父の体調も思わしくなく・・・

パリへ引っ越すと苺谷家という核家族はできてゆくかもしれないけれど
ママンが今までお世話になったこの実家はどうなるんだろう?と
最近実家に戻るとそればかり考えてしまいます。

ずーーーーっと海外にいたらそれはそれで問題先送りになったかもしれないけど
事実もう一年日本に暮らし、実家の状況が大変だと知ると(海外にいて電話やメールでただ状況を聞いているのと、実際一緒に過ごすのでは印象が全く違う)
私の苺谷家作りが結果、実家見放しにつながっちゃうようなことになりかねない・・・
でも苺谷パパはパリへ戻りたい・・・堂々・・・巡り・・・

これを考え始めると、ママンボワーズ、久しぶりにどうしたらよいものか・・・頭が痛いです。

このような経験をされた方がいたら、個人的にメール下さい!



ちなみにカードリーダーを忘れてきてしまったので、写真がUPできません
あしからず
by mamanboise | 2010-07-27 00:16 | Tsubuyaki

一周忌


日曜日は苺谷パパのご両親の一周忌でした。

両親を立て続けに亡くしてしまうという、滅多に起きない不幸に見舞われ
彼にとって人生の中で忘れがたい一年間だったことと思います。
「私には見せられないの?!」 って思うくらい辛い顔を見せない彼でしたが
本当はどうにもならない気持ちを抱えていたことでしょう。

私たち夫婦は海外で出会い、海外で暮らし、出産も海外で
ママンボワーズは義父・義母とはあまり深いお付き合いがなく
これから「母親業」をしていくうちに、アドバイスをもらったり
彼らにとっては初孫の椰子を通じて、少しずつ距離を縮めていけるかしら・・・と思っているお二人でした。

義父はまさに「チャキチャキ・頑固・こわ~い」の江戸っ子気質の方で
とてもこゆ~いキャラの興味深い方でしたが、短い時間では彼の真髄に触れることは難しく
それどころか、日本の伝統・風習に全く縛られていない自由気まま気質の私と接して
不愉快に思うことも多かったのではないかと思います。

昔幼稚園の先生をなさっていた義母には
育児のアドバイザーとしてとっても頼りにしているところがありました。
実際椰子がパリで産まれてからは、頻繁に電話をして色々聞いていました。
そうすると確かに椰子の話を喜んで聞いてくれるのですが
まずは初出産、初子育てを海外でしている私のことを大丈夫か?と心配してくれる優しい方でした。


もっともっと多くの時間を共に過ごして分かり合いたかったな・・・と
ご両親に触れれば、苺谷パパのことももっと理解できたかもしれませんしね。



一周忌という儀式が、彼にとって何か節目というか
踏ん切りというか、また一歩を踏み出す良いキッカケとなっていることを願います。


そして隆一さん、きみ子さん安らかに・・・
これからも天から苺谷家を見守って下さい。
宜しくお願い致します。




さ、行こうか
by mamanboise | 2010-07-26 23:24 | 家族

夏祭り

d0163082_02641100.jpg



















食べたいな~

d0163082_0261953.jpg

































食べたいな~


夕方から魚らん坂商店街の夏祭りに行きました

祭り通りに入ってすぐのところに店を構えていたカキ氷屋さん
ちょうどやーちゃんの目の高さに氷マシーンから氷が出てくるもんで
もう不思議そ~~~に眺め始めて早30分・・・
すごい集中力!!!
微動だにせず出てくる氷を見つめ続けるのでありました

台に手をかけていたんだけど、氷が削られるたんびにガリガリと振動が・・・
それすら気持ち良さそうに目を細める場面も(笑)

お友達が通りかかりましたが、見向きもしません


最初は「あんな甘いシロップかけのカキ氷、まだ椰子の年齢にはよくない!」と
食べさせる気などまるでなく、放っておいたのですが
たくさんの子供たちが次々に手にとっていくのを見て
だんだんとアピールが始まりました


d0163082_030340.jpg

あんまりにもかわいいアピールなのでママンは根負け~


d0163082_0303862.jpg

初めて食べるかき氷のお味はどうですか?

おいしいよね~~~!!!

すぐに完食~~

空の容器を見てピーピー泣き叫ぶ椰子でした(笑)


d0163082_0481189.jpg

かわいいノエちゃんにまたしても遭遇☆



d0163082_0543888.jpg


カキ氷屋台だけで日は暮れて・・・お家に帰りました



もう少し大きくなったら、カキ氷マシーンを購入することになりそう




さ、行こうか
by mamanboise | 2010-07-25 00:57 | 散歩