<   2011年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2歳4ヶ月

8月29日、椰子は2歳4ヶ月になりました

d0163082_2046951.jpg

この日は久々にひまわり会の夏休み子どもクラブに参加!

やーちゃんは久々の会の様子に最初はジッと観察組でしたが
そのうち自然にアイス・ブレイクしてみんなと混ざり合い遊んでいました


d0163082_20462692.jpg

この帽子はパパが <道> というコンセプトで工作しましたー

やーちゃんはすごく気に入っています!
普通の帽子よりコチラを選んでかぶって出かけました(笑)

d0163082_20463485.jpg

琢磨先生に「ステキな帽子だね!」と話しかけられると
「パパが作ったの〜」と答えていました
やっぱり作ってもらうって嬉しいんですかね、、、?!
分かっていない様で、すごく分かっているのが2歳4ヶ月の特徴かもしれません、、、


d0163082_2047864.jpg

最近の特徴は「自分で」攻撃です

何でも自分でやりたい

まぁ、以前から自分で攻撃の予兆は大分ありましたが
最近は出かけるときの <靴選び> がかなりハッキリしてきました
もうママンが選んだ靴は履いてもらえず
必ず自分でチョイスします

履いて欲しい靴を何気なく玄関においておいて
履いて欲しくない靴(水遊びに行くので革靴はやめて欲しいなど)は靴箱に隠しておくのですが
「これじゃない!!!」と主張し
結局靴箱から色んな靴を出させて「コレ!」という靴に辿り着くまで妥協しません


d0163082_20475196.jpg

トイレトレはこの夏でほぼ終了です
寝る時だけオムツにしてます


それからほぼ<言葉>を使ってコミュニケーションできるようになりましたが
教えてもいないのに頼み事のときは敬語を使ったり
果ては「お母様」などとママンを呼んだりします

家の中だけならともかく、外でそれをやられると
何と言うかちょっと虐待している母親に対して子どもが気を使って話しているみたいで
(って、ママンが気にし過ぎ?!)少しばかりイヤな感じです(汗)

もしくは凄い教育ママみたいじゃない?!

どこでその敬語を覚えたのだろう、、、???

教えてもいないことを結構口走るので
容易に何でも話せませんね
彼女の前では考えて発言しないと(笑)



大変なことと言えば「寝かしつけ」

寝るのを嫌がり、泣き叫びます(涙)

お昼寝をしていない日は割とスンナリ寝てくれるので助かるのですが
それと引き換えに、夕方6時頃、眠くてマックス・グズグズは始まります(泣)
グズグズ最中に夕飯を食べさせるのが非常に恐ろしい作業です


今から半年位は、この昼寝をする日、しない日をうまく調節して
戦わなければならない日が続くことになりそうです



2歳4ヶ月、思い起こすと早いな〜









さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-31 21:23 | 成長記録

アトリエリスタ養成講座

先日行われたアトリエニスタ養成講座では
作曲家でありピアニストである野村誠さんを講師に迎え
音の出る様々な道具(モノ、楽器、声 etc )を使って
10人ほどの子どもたちがフリーセッションするのを
観察、記録しました

d0163082_23204389.jpg


最初は一つ一つの(例えば箱と箱がぶつかる音とか)が
何の音に聞こえるか?(布団を叩く音に聞こえるとか、足音に聞こえるとか etc )を
追求していきましたが

そうして音を出し合っているうちに
音がだんだん重なり、混ざり合い、フリーセッションになっていくという
実に単純、シンプルな形式でした


一言で申し上げると
家で子どもたちが集まった時に、かなりの確率で自然発生する
あのうるさい(いや、素晴らしい?! 笑)演奏会です


ただし、子どもたち側から、今回のワークショップと家でやるのと違うことといえば
野村さんという音楽の専門家がその場にいたこと
(すごく緻密なモナリザの模倣作品を見るのではなく
本物のモナリザを見た、というような意味合いではとても重要だったと思う)

それから子どもたちはその時初めて出会った仲間であり
家でやるようにすでに知っているメンバー、すでに知っている場所ではなかったこと

であります


やーちゃんもパパと一緒に参加してもらい
ママンはやーちゃんに気づかれないようにそっと彼女を観察していましたが
(私がいないときの彼女の様子を見られる、初めてのチャンス!)
やはり彼女はまだまだ2歳児のひよっこ、、、
他を意識するするほど自我が芽生えているのでもないのか
(それとも芯からネアカなのか?!)
最初から最後までのノリノリで踊り、演奏し、叫び、走り
すごく楽しそうでした!



アトリエニスタ側から野村さんの話でグッときたことは

初めて人やモノに出会った時に、わざわざアイス・ブレク(緊張をほぐす行為)をする必要はなく
緊張しているならしたままでその場にいればいいし
いなくてもいいし
むしろ、緊張状態に長くあって徐々に溶け出す方が感覚としては面白いし
美しいし、貴重な体験になると思う、とおっしゃっていたこと

子どもが新しい場所や人に早く馴れる為に
親というのは、あの手この手で子どもにアイス・ブレイクの手段を提案するけど
そんな必要なんてないのかもしれない

そのままその子が自力でアイス・ブレイクできるまで
そっと見守ってあげればいいんですよね



今回のフリーセッション・ワークショップは
「目的のないことを目的とした」「答えのない旅」だったと野村さんが最後におっしゃっていて
まさにママン自身が毎日をそのように送っているので心から共感できました

が、「答えのない旅」をするのに「フリーセッションする」という方法は
あまりにも当たり前過ぎたと言うか、、、
芸がなかったというか、、、
もう少し野村さんにしかできないスペシャリティが欲しかったですかね〜
(子どもからも3000円徴収しているわけですから、、、)


「私はプログラムをキチンと立てて、答えを導き出す系のワークショップもできるのですが
そのようなワークショップをした時より、今回は苦しいし辛かったけど、
みなさんと一緒に抜け出した楽しみが何より良かった」


産みの苦しみ ってヤツですかね






さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-30 00:06 | Arts

プール

今日は豊岡児童館でプール開放日でした!

d0163082_2312819.jpg

そして幼稚園生のお姉ちゃんたちの浮き輪使いを見よう見まねで
やーちゃんも普通にバシャバシャ泳げることになっていました


d0163082_2305316.jpg

年上真似したい力が強い


d0163082_2313941.jpg

やーちゃん、プール大好きなのがよーく分かりました!!


シャンプーもこの調子で洗ってくれると助かるのですが




豊岡児童館、明日(24・水)明後日(25・木)も午前11時から45分間
プール開放してます
最終日25日は、かき氷もふるまわれるそうです







さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-23 23:08 | 港区施設

実験


やーちゃんにロールケーキを渡すと
まず第一に、真ん中のクリームをくり抜くようにキレイに食べてから
回りのスポンジに進むので
二回目にあげた時はワザとクリームをくり抜いてから
回りのスポンジだけを渡してみました

すると
「あれ?何か違うかなー???」
と不思議そうに浮き輪のようなスポンジを眺めていましたが(笑)
もちろん変に思いながらも黙々とスポンジを平らげました

そこで
「彼女はクリームが好きで最初に食べたのか?
  それともスポンジが好きで残しておいたのか??」
を疑問に思い

3回目のロールケーキは<クリーム>と<スポンジ>を並べておいてみました

d0163082_2203367.jpg


何故か2倍になったような喜びの笑みを浮かべ
一目散にクリームに食いつく!!



いや、これではまだ
彼女がクリームとスポンジ、どっちの方がより好きなのか?
という回答は得られていないのだが、、、




さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-23 22:57 | Tsubuyaki

盆踊り

今日はお昼寝の後、プラッとヒルズの盆踊りにさくちゃんとお散歩

d0163082_075642.jpg

最近写真を撮ろうとするとすぐに「ピース!」をするんだけど
ママン、あんまり好きじゃないんだよね

でも「やめて」というコトでもないので黙認中

d0163082_082627.jpg



若くて背も高く、とってもおしゃれなモデルみたいなイケメンの男の子が
やーちゃんとさくちゃんが遊んでいるところを
見つからないようにバシャバシャ超隠し撮りしまっくっていたので
(でも私は見逃さなかった!)
ママンはすかさず
「ちょっと、写真撮りたいなら撮ってもいいけどそんな風に隠してコソコソ撮らないでよ!
撮らせてあげるからこっち来てよ!!」とハッキリ申し上げました

若い男はニヤニヤして消えてしまったのだけれど
あまりにも気持ちが悪かったので
さくちゃんママが警備員に通報しました


d0163082_095423.jpg


何でママンもヤツのことを正面からバシャバシャ撮りまくらなかったのだろう、、、!!!
今になって後悔!!!




さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-21 00:20 | Tsubuyaki

のえ

とうとう明日の朝早く
のえは成田からドイツに飛んで行ってしまいます、、、

d0163082_02055100.jpg


第二子を里帰り出産する為の帰国だけれど
のえママはドイツで育ったヨーロピアン

多分、このままドイツに住む環境を整えるのでありましょう



ママンが見ている限り
多分、椰子が最もラブな友達

d0163082_0224468.jpg

愛情表現が激し過ぎて
手が出てしまうこともしばしば

まるで小学生の男の子が好きな女の子にちょっかい出すみたいにかまい過ぎて
最終的には大分ウザがられていたりして


d0163082_0285793.jpg

最後のお別れをしに会いに行った時は
久しぶりに(いや、初めて?!)何の争い事もなく
2時間以上の時間を穏やかに、楽しく過ごしていました


d0163082_0213032.jpg



元気な赤ちゃんが生まれるように心から祈っているよ!!!


スカイプばっちりです





さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-18 00:37 | friends

利賀村を食べる

利賀村での「食」は最高の最高でした!

d0163082_23254561.jpg


とにかく山の恵みのお水が美味しいので
そこで摂れるお米も野菜もお魚もウマイ!!!の一言

d0163082_23265050.jpg


それに加えて、お母さんの作る料理は本当に美味しい(涙)

コタチンママも必ず何か一品ご自身で作ってくれていて
それもまた美味しいのだー


素材そのものが美味しいので、いたってシンプルな料理なわけで
いくら食べても太らなそうな感じがするのだけれど
美味し過ぎて白米も合わせておかわりし過ぎて
結果、ママンは太ってしまった気がする、、、(汗)

d0163082_2327581.jpg


作る直前に畑からもぎ取られてくる野菜たち
なんて贅沢なんだろう

人生初の野菜も沢山あったよ!

↑ これは <そうめんうり> といって
ゆでて砕くと、自然にそうめんのように(このように)なって食べることができる

この日は三杯酢に浸したものに、ピーナッツペーストを混ぜ合わせた形で
食卓にのぼった

シャキシャキつるつるで、夏にピッタリの逸品


d0163082_23272370.jpg


岩魚は家のいけすで飼っているので
食べる前にいけすから豪快に取り上げる




いつも食事を食べ終える頃に「次は食卓の写真を撮ろう!」と心に決めるのに
毎回席に着くと写真のことなど一切思い出さず
すごい苺谷家一家揃って、勢いで食していました(笑)


お味噌もゆかりも全部手作り、、、
本当に本当においしいかった!!!!!!!!!!


d0163082_23274369.jpg


お父さんは「蜂の巣」を見つけてきてくれて
料理してくれました!

ママンもパパももちろんやーちゃんも初めて食べる「蜂の子」



巣からピンセットで一匹ずつ子どもを引き抜き集めていきました

もちろん、生で食べてみました!
あんまり味がしなかったな〜

d0163082_23312766.jpg


やーちゃんも生で蜂の子を食し、「最高!」と言ってポーズ!
そして決めセリフは「もういっこ食べる!!」(笑)

間違えなく苺谷家の子だということを証明してくれましたー


d0163082_2333336.jpg

こちらは調理後の蜂の子

油を引いたフライパンでひたすら炒めて
お塩をふっただけです

お味の方は、、、卵焼き!
正真正銘、卵焼きの味でした!!
何のクセもなく、普通に美味しいです



最後の日はみどり市で沢山の野菜を買って
クール宅急便で送りました


昨日、今日とそれらの野菜を使って我が家でも料理しているのですが
何でこっちのスーパーで買う野菜とこんなに違うんだろう???
濃いーのよね、全てが!

本気で田舎の農家と契約して野菜を送ってもらおうかと考えてしまう、、、






さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-17 23:44 | FOO:D=食

ロンレー村

ロンレー村ってふざけた名前だけど
ナメちゃぁいけないぜ

d0163082_0194260.jpg


もう何年間も放置されて野ざらしになっているこの村は
朽ち果てた看板「ロンレー村」の辺りを過ぎると同時に
物凄い虫の偵察隊がブンブン×1000、、、、飛んできて
アタイたちをチェックするんだ

「このリンチに耐えられるんだろうな?!」とばかりにね

刺すでも噛むでもとまってくるわけでもなく
ただひたすらに体の回りをブンブン×1000、、、、、、、ブンブンブンブン、、、、
耳が悲鳴をあげるほどに飛び回りに回ってくる


それにジッと耐え、無視し続け、奥にどんどん進んで行くと
ある瞬間、パタッと全ての虫が飛び去ってしまう


彼らの領域に迎え入れられた瞬間なのかもしれない


d0163082_052419.jpg

この <ターザン遊具> には
「できればこの遊具は使わない方が良いでしょう
どうしても遊びたい方は、もう一人、信頼できるブレーキ係と一緒に使うこと」
という注意書きがされている


d0163082_062428.jpg

その注意をもれなく守らなかったパパ(試運転をしてくれたパパ)は
いきなりのハイ・スピードで出発してしまった挙げ句
向こう側の返し板に激突してこの通りにタンコブが、、、!


やっぱりナメちゃいけないぜ
ロンレー村!!



d0163082_09566.jpg

かなりワイルドな遊具たち



d0163082_0112939.jpg

いつでも主役の座にありたいパパ

d0163082_0121391.jpg

本当の主役はコチラ、子どもたちです!!!


d0163082_0152291.jpg

d0163082_0145255.jpg

d0163082_0141943.jpg

d0163082_0162553.jpg


かなり激しい主役争い


d0163082_0173693.jpg

網で捕まえてみました



d0163082_0183759.jpg

マイペースで不気味かわいいコタチン



d0163082_013930.jpg

ロンレー村に平和のあらんことを








さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-17 00:34 |

さんぽ

利賀村へ来てから?
いや、森の中へ行くと
やーちゃんのテーマソングはトトロの「さんぽ」になるわけで

d0163082_2333061.jpg

歩きながらずーっと歌っています


d0163082_23362839.jpg

あるこーあるこーわたしはげんきー
あるくのだいすきー
どんどんいこー♪


でもそーやって歌うわりには
今回、パパに物凄ーーーーく甘えていて
すぐに「抱っこ!!!」をせがんでいました
(こんなやーちゃん見たことない! ってくらい甘えていたね〜)

抱っこされながら ♪あるくのだいすきー♪ と歌う娘、、、



d0163082_23385030.jpg

家のすぐ近所を散歩していたのですが
本当にトトロが出てきそうよ


d0163082_23352722.jpg

絵になる家々

真夏だというのに、あじさいが満開(笑)
それだけ涼しいのです!!


d0163082_23411992.jpg

オロロ番長・パパ・スズキ



d0163082_23381845.jpg

コタチンとやーちゃんは二人とも虫好きだったので
どこに行っても楽しそうでしたー

虫にはことかかない、、、


d0163082_23401024.jpg
d0163082_23393597.jpg
d0163082_23403715.jpg












暑いんだけど暑くない!
さわやかな山の天気!!!





ジマ、お願いだからママンがリードを持った瞬間に走り出さないでくれー







さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-16 23:47 |

日本海

次の日は利賀村から車に揺られること2時間半

d0163082_237498.jpg

途中、こんな吊り橋を渡ったりしながら

d0163082_2375590.jpg

日本海へ「白エビ」を食べに出かけましたー


注文した <白エビかき揚げ丼>、すんごく美味しかったのですが
お腹が空き過ぎていて、写真のことはスッカリ忘れていました(汗)



d0163082_239675.jpg
d0163082_2384321.jpg
















そしてお腹が満たされた後は日本海で海水浴!

ママン、日本海で泳ぐの初めてです!!



d0163082_23174383.jpg


賛否両論あった、やーちゃんの「浮き輪付き水着」ですが
プールと違って、海水ではとても良く浮いて(笑)
今まで見た中で一番楽しそうな水遊びを楽しんでいました!!!

海水に自ら顔をつけてみたり
泳ぎたい、海に入っていたい一心で
パパとママンの間をいったりきたり、、、

はしゃぎまくって、笑いが止まらない様子で
一日目、二日目、少し寝付きが悪く
夜中に何度も起きていた彼女でしたが

この日はかなりグッスリッっっっz 寝てくれましたー



この夏中にやーちゃんをもう一度海に連れて行ってあげたい、、、、









さ、行こうか
by mamanboise | 2011-08-16 23:22 |